2010年05月27日

遣唐使船

GetStillImage4.jpg

上海万博に合わせて遣唐使船を建造していたものが、長崎にも立ち寄り

ました。平城京1300年の特別番組を見ていたら、このていどの大き

さの船一艘に400人も500人も乗って、動力のない船で台風の季節

にも拘らず、唐の祭事に合わせて出発したということです。

こんな船が数隻の船団で出発して、そのうち1艘でもたどり着けば

良いという航海であった。とのことです。

まさに、命がけです、そして実際に遣唐使は中国語ができるエリートで

貴族の子供たちが選ばれて行ったそうです。

嵐に会い、ベトナムやタイに流れ着いた者も多かったらしいが、

多くは殺されてしまった、とのことです。

そんなことを考えながら、ロマンだけではないなと強く感じます。

GetStillImage1.jpg

この人たちが日本に帰ってきて、今の国の基本を創ったんだな〜


posted by やまちゃん at 21:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151292848

この記事へのトラックバック

写真点描・本忘れ遠矢 24
Excerpt:  ひろい緑コースの向こうには丘がみえますね。あの凹凸のある山道(悪路)を道なりに行くと、東側のマイナーな方の釧路湿原展望台にでますよ。 花は低木のレンゲツツジでしょうか...
Weblog: つき指の読書日記by大月清司
Tracked: 2010-05-29 10:28