2010年11月01日

権現山登山U

岩山に育つ植物は、土も少なく、水分もすぐ流れてしまうので、

厳しい条件の中で生きている。イワマツ・一つ葉・苔類など。

DSCF4824.JPG

乾燥して葉をまるめているものもあった。

DSCF4829.JPG

ヤドリギ

DSCF4839.JPG

どんぐり  土の多い窪みには小さな木もそだつ。

DSCF4841.JPG

少しは秋の色も見える。

DSCF4847.JPG

DSCF4875.JPG

DSCF4876.JPG

DSCF4879.JPG

DSCF4886.JPG

それにつけても、新しい道路が出来てから入山口も分からなくなり、

山登りする人もいなくなって道もわからなくなってしまった。

ひっそりと案内石はたたずむ。

DSCF4889.JPG

測量の水準点も人知れず・・・

DSCF4891.JPG

倒木がとうせんぼする谷道

DSCF4897.JPG

DSCF4896.JPG

これでは歩けません。

DSCF4857.JPG














posted by やまちゃん at 16:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

権現山登山

足腰の鍛錬のつもりで近くの権現山に登りました。

近くの裏山で登山というのはおこがましいが、この岩山に登るのは

ちょっと油断できない命がけの面が多い。慰霊碑もある。

ハーケンガあちこちに残っていて、いろいろな人がロッククライミングの

練習をしているみたいだ。

自宅付近から見ると

DSCF4898.JPG

直近の真下の車道から胸突き八丁の、石がいつ落ちてくるか解からない

道もないところから登っていく。

実際、ここの20分くらいが一番きつい、心臓破りだ。

DSCF4816.JPG

やっとのおもいで立岩のしたにたどり着く。

秋の例大祭があったのかな。風になびく日の丸が

DSCF4826.JPG

ずっと下にある立岩神社のご神体なのでしょうかね?

DSCF4827.JPG

立岩を上から見ると

DSCF4830.JPG

いろいろな植物が

DSCF4825.JPG

DSCF4823.JPG

下界を望むと、足もすくみ、強風にいちど帽子をとばされました。

DSCF4835.JPG

DSCF4833.JPG

三十年物の登山靴を履いて頑張りました。

ここらで膝が痛くなりました。グルコサミンが足りないか?










タグ:登山
posted by やまちゃん at 15:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする